足利のストレッチ屋さん 心も体もやわらかく

ストレッチや人との繋がり、コミュニケーションなどの記事を書いています☆

足利尊氏公マラソンのボランティアで参加してみて

 

今日は、地元足利市で開催した、足利尊氏公マラソンに、ボランティアで参加。

企業ブースの出店を控え、今年はボランティアスタッフとして、イベントの雰囲気を内側から感じることにした!

 

今年で40回目を迎え、参加者は4908名にも及ぶ!

 

 

 

 

f:id:mogiya:20171105212638j:plain

AM6:30のグランドの様子。

朝はもう寒くなってきた...

 

 

 

 

 

f:id:mogiya:20171105212647j:plain

企業ブースの準備も少しづつ開始。

 

 

 

f:id:mogiya:20171105212658j:plain

なんとなく自撮り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mogiya:20171105212708j:plain

f:id:mogiya:20171105212716j:plain

徐々に参加者ランナーが集まってきた。

以前自分がランナーとして参加した時は、みんな何時位からウォームアップをしているのだろうと思っていたのですが、今回ボランティアで参加して知ったのは、大多数の人は8:00位から始める人が多いなと感じた。

 

でも、早い人は7:00位から始めている人もいて、新たな発見ができた!

そういった人は、スタートまでに体が冷えないのだろうか...?

 

 

 

 

 

 

 

 

足利尊氏公マラソンは、ハーフ・10㎞・5㎞・3㎞・3㎞ペアの5種目あり、9:00スタートのハーフから15分おきに、順にスタートしていく。

そして、足利尊氏公マラソンの特徴としては、坂の勾配が少ないフラットコースであり、土手あり、街中ランあり、飽きのこないコースとなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mogiya:20171105212723j:plain

 みんなが競技場に帰ってくる所をパシャリ☆

 

 

 

 

 

 

ゴール後のランナーに「お疲れさまでした」と誘導していると、自然と話す機会もでき、走った感想を聞いてみると...

 

・走りやすかった

・街並みや自然の雰囲気が良く、気持ち良かった

・応援する人も多く、声援が温かく感じた

 

不思議と、上記3つのようなワードが多かった。

これも足利地区の特徴なのだろうか?

 

 

 

 

 

今年は、ボランティアでの参加でしたが、企業ブース出展では知ることのできなかったランナーの感想が聞けたことで、来年の参考になった。

来年は、企業ブースに出店するか、再度ボランティアで参加するか、はたまたランナーとして出走するか考えていきたい。