足利のストレッチ屋さん 心も体もやわらかく

ストレッチや人との繋がり、コミュニケーションなどの記事を書いています☆

ヒールを履いての仕事が多い、ビジネスウーマンへ

どうも、足利のストレッチ屋さんこと、もぎちゃんです!

仕事の関係上、日頃からヒールを履いて仕事をされている、ビジネスウーマンの方によくみられる姿勢の特徴を、今回書いていきたいと思います!

 

当てはまる方は、自身の姿勢がどうなっているのか、参考にして頂ければと思います(^_^)~♪

 

 

 

 

最初に、毎日のように、日頃から(少し高い)ヒールを履いて仕事(歩くこと)をしていると、どうなるのか?

それは...次第に腰や膝・股関節に痛みが出るようになります。

 

ヒールによって踵の位置が高くなり、その影響により膝を曲げなくては歩けない状況となり、骨盤が前傾(骨盤全体が前にお辞儀をするような姿勢)になってしてしまい、結果的に反り腰になってしまうケースが多いからです(>_<)

 

 

 

 

 

立っている時、腰の具合がすごく反り腰の女性を、見たことがあると思います。

 

背中のラインが真っすぐなので、姿勢的にキレイに見えるのですが、その反面、腰や膝・股関節に負担が掛かり、痛みが出てくる場合が多いのです!

 

 

 

 

 

 

 

僕の知り合いにも、反り腰の影響で、腰が痛い・肩が張るなどの痛みを訴えている女性がいます。しかも、その女性は、一切ヒールを履いていません。

 

ヒールを履かなくても、反り腰であるがゆえに、痛みがでてきます(>_<)💦

 

 

 

 

 

 

 

 

では、その原因を専門的に見ていきましょう!

       ⇓

 

まず、上記のように、仕事柄ヒールを多用している女性は、骨盤前傾が顕著になり、腰椎前弯が強い反り腰になります。また、腰痛を患っている女性の多くは、反り腰のケースが多いです。

 

次に、膝を曲げて歩かなくてはいけないので、ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が張りやすく、おしりの筋肉と下腹部の筋肉が衰えてきます。

 

すると、下半身(主におしり周辺)の筋肉が衰え、脂肪が垂れ下がってしまう弊害が

おきやすくなります。

 

そして、反り腰により、上半身の重み・上半身で受けた衝撃が、腰や股関節に集中するため、腰痛を発症します。

 

立ている姿勢から、足元の物を取ろうとしたとき、腰に痛みが出ることがあります。

 

...というようなことが、体に起きています。

 

 

 

 

 

 

これを改善していくには...

腰の筋肉・脚の付け根の筋肉・ももの前の筋肉・内もも のストレッチをしてもらい、

 

おしりの筋肉・腹筋群のトレーニングが欠かせません。

 

 

 

 

 

仕事に体のケア...時間に限りがあり、ケアを継続していくのは大変かと思いますが...

その姿勢になってしまったのも、一笑懸命仕事を頑張ってきた証拠でもありますので、一概に反り腰が悪い...ということでもないのかもしれません。

 

ただ...放っておくと、体に不調が出てきてしまいますので、まずは情報として記事にしました!

 

 

 

もし、ご自身で解決できないようであれば、もぎやまでお問合せください。

毎週水曜日18:30~22:00の時間帯に、足利市利保町にある、NOSAPチャイルドクラブ1Fホールを借りて、お店を開いています(^_^)/完全予約制です☆

 

 

 

 

ではでは。