足利のストレッチ屋さん 心も体もやわらかく

ストレッチや人との繋がり、コミュニケーションなどの記事を書いています☆

ストレッチとマッサージの違いって?

突然ですが、ストレッチとマッサージの違いって分かりますか?

今回は、冒頭からみなさんに質問です!

 

 

 

 

 

 

 

ストレッチとマッサージの違い...皆さんは答えられますか?

 

 

 

 

 

 

仕事で、体を酷使したり、デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けたりすると、体が重く感じたり、筋肉が張ってるなぁ~っと思う時があると思います。

気持ちいいから、体が疲れてくるとついやっちゃいますよね~(^_^)

 

...で、その時に、肩を軽く叩いたり筋肉を揉んだりしますよね?この

叩く・揉む・押す・擦る
を、より専門的に行っているのが、マッサージと言われるものです!

 

 

 

 

 

 

 

 

では、そのマッサージとストレッチの違いを、説明していこうと思います。

 

 

まず分かりやすい違いと言えば、筋肉に対する圧のかけ方に違いがあります!

マッサージの場合であれば、指などで押したりして、筋肉をピンポイントに圧をかけ

て、筋肉の張りや血行不良の改善を図ります。

そして、ストレッチはというと、筋肉を引き延ばすことにより、その部分の筋肉の張りや緊張を和らげます。

 

 

 

大きな枠で考えると...

押す伸ばすかの違いです☆

 

筋肉をほぐす範囲が広いので、ストレッチの方が、効果が長く続くとも言われています。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、ストレッチの方がいいの?...と考えがちですが、そうとも言い切れません。

ストレッチとマッサージがまったく違うものかと言うと、そうでもないんです!

マッサージで、筋肉をピンポイントで押した患部を、ミクロレベルで見ていく

と、圧迫された患部は、ミクロレベルで引き伸ばされています!

なので、マッサージもストレッチの一種と考えられています。

 

マッサージされた患部は、施術後、痛みが取れたり、軽く感じたりしますよね?

それは、ミクロレベルで伸ばされ血行が良くなり、筋肉がほぐれたからなんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

時には、ストレッチをしても、患部に痛みや張り、違和感が残ることもあります。

そういった時に、マッサージでピンポイントのアプローチをすることで、その患部の痛

みなどを解消できることができます。だから、良し悪しはつけられません(^_^)

 

ただ、マッサージしても良くならないのは、マッサージした患部しか改善していなく、その筋肉の周辺にまだ、張りや緊張があるので、今まで解消できていないのかもしれません...(>_<)ことわざで言う...木を見て森を見ず...の状態。

 

そういう時に、試しにストレッチを行ってみてください。ストレッチとマッサージのダブル効果で、症状も良くなってくると思います☆

 

 

 

ストレッチにも、マッサージにも、互いに良い点がありますので、その2つの特徴を活かしながら、活用して頂ければと思います。