足利のストレッチ屋さん 心も体もやわらかく

ストレッチや人との繋がり、コミュニケーションなどの記事を書いています☆

ストレッチはいつやるのがベスト?

こんな声を、クライアントさんから聞かれます。また、同業の先輩方の本にも、タイトルに答えるQ&Aが良く書かれている項目だと思います。

 

 

...で、いつやるのがいいのだろう...(´・ω・`)?

世に出てる情報があり過ぎて、どれを信じていいのか困っちゃう...というのが、本音じゃないでしょうか。

 

いつやるか...?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

い〇でしょ!!(*´з`)ノシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみません、ふざけました...|д゚)チラッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、話をもどします。

ストレッチはいつやるのがベストなのかですが、今日は、柔軟性向上も踏まえて書きたいと思います。

 

雑誌などでよく書かれているのは、お風呂上りが良いとされていますよね!お風呂上りであれば、筋肉もほぐれていますのでよく伸びるというものです。なので、僕もお風呂上りのストレッチはおススメします♪気持ちいいですしね(*´ω`)

 

伸ばしている筋肉が...

気持ちよく伸びてるなぁ~っと感じる所で15~20秒キープして、2~3セット行ってもらえれば、少しずつ伸びていきます。

 

ただ、柔軟性を向上していくためには、時間を要します。...というか、長い目で考えてもらいたいです!

 

 

 

 

 

シェイプアップや筋力トレーニングする場合も、時間をかけて目指したい体型を獲得しますよね?それは、ストレッチ(柔軟性向上)の場合も同じなんです!

体が硬い人にストレッチを薦めると、すぐ柔らかくしたいとの思いから、筋肉が気持ちよく伸びる所からもっと伸ばそうとしてしまい、姿勢がキツく痛みが出る所で頑張ってしまうことです(´・ω・`)

これは挫折の壁が現れる要因となります。

 

 

 

 

キツく伸ばす⇒苦しい...

痛みがある所で伸ばす⇒気持ちよくない...

 

こういった感情が出てしまい、次第にストレッチをやらなくなってしまう人が多いのです。ストレッチは気持ち良いのに...(´・ω・`)

 

僕がイメージするストレッチの流れは...

体が硬いと感じる ⇒②ストレッチ実施 ⇒③硬いから最初は痛く感じる ⇒④次第に伸びてくる感覚が分かってくる ⇒⑤次第に心地よくなってくる ⇒⑥定期的に繰り返す ⇒⑦柔軟性向上!

 

こんな流れですね!

ストレッチをやめてしまう人は、③の壁が越えられず、④に行くまでにやめてしまうんですね...(>_<)

最初は、心地よくないかもしれませんが、継続することで必ず心地よくなってきます!

(敢えて、“必ず”という言葉を使わせて頂きます。)

 

だから、長い目で考えてもらいたく、お風呂上りにテレビを見ながら、ストレッチをしてもらいたいのです!

風呂上りであれば、筋肉も良く伸びるし、時間もあっという間に過ぎると思いますので♪

 

 

また次回投稿していきたいと思います。

お読み頂きありがとうございました!